2018年11月12日月曜日

【南部】 地域のみんなで景観を守ろう

色とりどりの花で「たかい」を元気に!


 松山市高井町の高井農地維持保全会は毎年、遊休農地を活用し、葉ボタンを使った「たかい」の花文字を作るほか、ビオラなど数種類の花苗を植栽している。子どもたちをはじめ、地域住民にも植え付けを体験してもらうことで、環境保全への意識向上を図っている。来春にかけて順に花が咲き誇り、景観形成や地域活性化に一役買う。

 同保全会は高井改良区区長の池水武光さんを代表に、農家を中心に地域全体で組織する。国の多面的機能交付金を活用し、同取り組みを始めて今年で5回目になる。花文字「たかい」は、メンバーのアイデアにより4回目だ。JA松山市の高井育苗場から花苗を購入し、植え付けている。 
 植栽する圃場は計10㌃。道路に面している3㌃に、白色の葉ボタン100株を使い、「たかい」の花文字を作った。文字を囲むように、赤や黄、白など色とりどりのパンジーとビオラ、チューリップを計990株植え付けた。
 残りの圃場に、穂状に赤い花を付け、草丈が15~40㌢になる『クリムゾンクローバー』の種を播いた。
 メンバーは「今年初めて、クローバーを植えるので、満開になる頃が楽しみ」と微笑む。

10月20日には同町の圃場に、子どもを中心に地域住民がおよそ60人訪れた。子どもたちは手際良く作業し、1時間ほどで花苗の植え付けと、クローバーの種まきを終えた。
参加した子どもは「参加するのは今年で3回目。楽しかった。花が咲くのが楽しみ」と笑顔で話した。
池水さんは子どもたちに「きれいに育つ花を見に来てね」と呼び掛け、植え付け後は地元産のさといもを使ったいもたきで親睦を図った。


地域住民が協力し苗を植えました。圃場中央に目立つ「たかい」の花文字

2018年11月8日木曜日

【女性部】 熱い女性部体育大会!

優勝は2年ぶりの久万支部


女性部は10月23日、松山市湊町にある松山市総合コミュニティセンターで、「第45回女性部体育大会」を開いた。12支部268人が参加し、支部やブロックごとに分かれて11の競技を戦った。熱戦の末、2年ぶりに久万支部が優勝した。

 特に盛り上がりを見せたのは、「綱引き」。力を合わせて綱を引く姿に、応援団は旗を振ったり、大きな声援を送ったりして会場を盛り上げた。
 他にも野菜を箸でつかんでカゴに入れる「野菜ゲーム」や、円周3㍍の紙テープの輪の中に、最大で何人が入れるかを競う「ラッシュアワー」、玉入れなどを行った。

 優勝した同支部の新宅真弓さんは「みんなが頑張ってくれた。2年ぶりに優勝できて嬉しい。来年も勝って連覇を目指したい」と話した。
その他の結果は以下の通り。準優勝は北伊予支部、3位は明神支部。

心をひとつに、力いっぱい綱を引っ張る部員ら

2018年11月5日月曜日

【裸麦】 黒穂病を防ぐ

播種前に麦の種子消毒を


 11月中旬から始まる麦の播種を前に、JA松山市は10月中旬の5日間、松前町にある種子センターで、黒穂病を防ぐための種子消毒を行った。病害の発生を軽減し、良質な麦の生産につなげる。

 同病が発症すると黒色の穂が出て、その穂は収穫できなくなる。また、周辺の穂に胞子を飛散させ子実感染する。感染した子実は病徴を発現しないが、次年度に感染種子を播くと同病を発症する。対策として種子消毒が有効な防除方法だ。
種子消毒は、種子と粉末状の薬剤をドラム式の粉衣機械に入れて回転させ、薬剤をまぶす。

 今年度は、希望する管内の生産者の『マンネンボシ』と『ハルヒメボシ』の種子2万740㌔を、JA営農指導員や職員が消毒した。
 種子を持ち込み、消毒に訪れた生産者は「消毒したら病気が出んなるけん、助かる」と話す。


麦の黒穂病を防ぐために種子消毒します




粉末状の薬剤を種子にまぶします


2018年11月1日木曜日

【トマト部会青年部】 出荷後の流れを学び

安定出荷を目指す


○久久万高原トマト部会青年部は10月6日、出荷後の流通を学ぼうと、初めて松山青果市場見学会を開いた。販売店である㈱松山生協石井店とコープえひめコープ久米店の売り場を見学した後、同市場でトマト販売担当者の余田明典さんと意見交換をした。

同部員や行政など計13人が出席。店頭では、トマトの価格や鮮度、配置などを確認したほか、消費者に届くまでの流通の仕組みを学んだ。余田さんは「久万高原産のトマトは安心安全で市場の評価が高い。販路拡大や有利販売につなげていく」と強調した。

意見交換では、余田さんが同部員の質問に答え、市場の情勢や価格設定などを説明した。同部の副代表を務める上村(かみむら)芽衣子さんは「良質なトマトを安定して供給するため、生産者とJA、市場が一丸となって産地を盛り上げていく」と意気込んだ。

店頭に並んだトマトを確認する余田さん(左)と青年部員



このページの先頭へ