2018年10月15日月曜日

【JA】 試験散布で性能確認

産業用ドローンの導入検討 


 JA松山市は、水稲の薬剤散布に使う産業用ドローンの導入を検討している。省力化や効率化を目指し、現在使用している無人ヘリコプターを補完するかたちで、ドローンを併用するほか、果樹や野菜での利用も考えている。

 導入を検討しているのは、ヤマハ発動機㈱が来年3月に発売する産業用マルチローター「YMR-08」。1㌶に必要な薬剤8㍑を搭載でき、15分で散布できる。プロペラを8枚装備し、株元まで薬剤を確実に散布するために、業界初の両サイド二重反転ローターを採用した。

 9月上旬には松山市井門町で、瀬戸内スカイテックのオペレータがドローンを操縦し、水田に試験散布をした。ヘリに比べると騒音がなく、小回りがきき操縦が簡単であるほか、低飛行なので住宅への薬剤飛散が少ない、導入費用が3分の1以下に抑えられるなど説明を聞いた。 


試験散布を見守り、ドローンの性能を確認するJA営農指導員ら


2018年10月12日金曜日

【興居島】 豪雨被害に手厚い支援を

自民党部会長らが興居島視察


 泊地区災害復旧復興対策本部とJA松山市は9月6日、西日本豪雨の被災状況の視察に訪れた、自民党の野村哲郎農林部会長や平野達男農林水産災害対策委員長などと、意見交換をした。同党は復旧に向け、全力で支援していくことを強調した。

 意見交換会には、行政や生産者、JA愛媛中央会なども出席。生産者は農道の復旧支援の充実や、モノレールの復旧期限を今年度末の完成ではなく来年度まで伸ばしてほしいなどと要望した。「自分たちは決して諦めていない。まだまだやれると信じている」と災害を乗り越え、産地を立て直していく方針だ。

 当JAの岡田明夫常務は「秋の収穫に向け、早急に対策してほしい」と求めた。
野村部会長は「農家の心が折れない仕組みづくりをしていく」と復興を後押しする考えだ。


被災の凄まじさに呆然とする自民党部会長ら(手前)

2018年10月9日火曜日

【JA】 2018愛媛みかん大使に就任!

農家の思いを伝えたい


 愛媛県産かんきつをピーアールする「2018愛媛みかん大使」に、JA松山市金融推進部の小山あずさ職員が選ばれた。小山職員を含む4人が60代目のみかん大使として活動していく。

 8月下旬にJA愛媛で任命式があり、前年のみかん大使からたすきを引き継いだ4人は「7月の豪雨で甚大な被害があったが、全国の愛媛みかんファンに、『愛媛は元気にやっとるよ』ということを、みかんの魅力と一緒に広めたい」と抱負を語った。

 4人は、接客サービスやかんきつの種類、産地の知識など基礎研修を受けたあと、11月上旬から東京と大阪での消費宣伝キャンペーンに参加する。来年1月からは「愛媛いよかん大使」として、全国を縦断しながら販売促進やテレビ出演などを通して、来年8月末までの1年間、県産かんきつをピーアールしていく。


2018年愛媛みかん大使に選ばれた小山職員(左)

このページの先頭へ