2019年7月11日木曜日

【拓南】 青壮年部が田植え請負 

俺たちが地域農業を守る!


 青壮年部拓南支部は、およそ40年前から地域の田植えを請け負っている。今年度は5~6月の4日間で、およそ1.2㌶の水田で田植えを行った。景観を守り、地域農業の維持に一役買う。

 きっかけは、同地区の農家が「田植え機は高額だが、使うのは年1回。個々で購入するのはもったいない」と、支部員が所有する田植え機を使って請け負うようになったことだ。

依頼する農家は田植え機を持っていないほか、高齢化により作業の省力化を目指して同支部へ委託している。15年前から委託している村井喬(たかし)さんは「田植えは、まっすぐ植えることや隅まで植えるなど、難しく技術が必要。青壮年部はきちんとやってくれるので助かる」と話す。

 同支部長の泉治雄さん(72)は「請け負う組織がなければ農地がなくなり、宅地化してしまう。市街地の中にある農地を守ることは、水害を防ぐことにもつながる」と地域農業の役割を話す。


農地や景観を守るため、田植えを請け負う青壮年部拓南支部

2019年7月8日月曜日

【茄子部会】 松山長なす良質出荷へ

県内・関西へ90㌧出荷


 茄子部会は6月5日、良質出荷につなげようと圃場巡回とJA松山市の営農センターで出荷協議会を行い、部会員の意識統一を図った。5月中旬から出荷が始まっており、12月上旬までに県内と関西方面に90㌧(前年比117.9㌫)を出荷し、2600万円の販売高を目指す。

 同部会は13支部の49人が216.4㌃で『松山長なす』を栽培する。
今年産は4月上旬と5月上旬の寒さにより一部で生育が停滞したが、病害虫の発生が少なく順調に生育している。

 当日は、当JA営農指導員とともに久米・小野・北伊予地区の部会員3人の圃場で、生育状況や病害虫の有無、防除や潅水などの今後の管理を確認したほか、出荷協議会では等階級などの出荷規格や荷造り時の注意点などを共有した。

 川端正仁部会長(69)は「圃場や天候によって管理方法が変わってくる。適期の管理を心掛け、良質出荷につなげる」と意気込んだ。

生育状況や病害虫の有無を確認する茄子部会員ら


2019年7月4日木曜日

【拓南】 田んぼで運動会

走り回って泥だらけ!


 子どもたちに泥遊びを楽しんでもらおうと、松山市立花の泉治雄さん(72)は毎年、田植え前の田んぼを提供し、うなぎのつかみ取りなどを行う「どろんこ運動会」を開いている。現在は主催を素鵞(そが)公民館に移しており、今年で16回目。自然を感じながら、田んぼの中を走り回れるよう、地域が協力し運動会を行う。

 6月2日に松山市立花の田んぼ5アールに子どもおよそ100人が集まった。子どもたちは体につけた紐を奪い合う「しっぽ取りゲーム」などをして田んぼの中を走り回ったほか、「うなぎのつかみ取り」では、田んぼに放ったうなぎおよそ100匹のつかみ取りにチャレンジした。
参加した山﨑兼嗣(かねつぐ)くん(8)は「うなぎを4匹つかまえた。お母さんにさばいてもらって食べる」と笑顔で話した。

 泉さんは「松山で泥遊びのイベントは少ないと思う。普段泥だらけになると怒られるけど、年1回は思う存分、楽しんで」と笑う。


泥だらけになりながら、うなぎをつかまえる子どもたち

このページの先頭へ