2018年6月14日木曜日

【ビワ】 日量最大2,000パック

興居島のビワ出荷最盛!


 ごご島共撰は6月上旬、ビワの荷受けがピークを迎えている。日量2,000パック(400㌘/パック)を荷受けし、同月下旬にかけて8㌧を、県内や大阪、奈良、名古屋方面に出荷する予定だ。

今年度は2月に寒波に見舞われたが影響はなく、表皮に赤紫色の斑紋ができる紫斑症の発生もなく、順調に生育した。平年に比べて色づきが遅く小玉だが、味は平年並みの仕上がりだ。

 泊・鷲ヶ巣地区の14人が165.9㌃でビワ『長崎早生』『茂木』『田中』『瑞穂』『房光(ふさひかり)』を栽培する。生産者は5月中下旬の目揃い会で、等階級を確認し、5月21日から出荷し始めた。

 『長崎早生』を350パック出荷した松山市由良町の池本英樹さん(63)、美知子さん(60)夫妻は「へそ黒が少なく、玉太りが良い。今期は1,500~2,000パックを見込む」と話す。

6月上旬に最盛期を迎えているビワ

2018年6月11日月曜日

【JA】 農業への理解深める

若手職員が水稲の苗並べ研修


 松前育苗場は5月18日から6月1日にかけて、入所1~3年目までの男性職員20人を対象に、播種した水稲の苗箱を苗床に並べる作業を行った。農家出身の職員が少なくなっているため、農家の苦労や農業のすばらしさを体感し、JA職員として農業の知識や理解を深める。

 同JA管内では、『コシヒカリ』『あきたこまち』『ヒノヒカリ』『にこまる』を栽培する。同育苗場は、700軒の農家から予約があった7万2,000箱を育苗する。

 初日は、およそ10㌃に『あきたこまち』の苗箱を4,700枚並べた。
1箱5㌔ある苗箱を2箱ずつ運んで敷きつめ、緑化させるために寒冷紗をベタ掛けした。
 窓口で貯金業務を担当する、入所1年目の伊勢岡暉(ひかる)職員(西余戸出張所)は「お米を作るのは大変だと分かり、良い経験になった」と汗を流した。

水稲苗を苗床に並べる新採職員

2018年6月7日木曜日

【小野】 農作物の安定生産へ

集落で連携し鳥獣害対策


小野地区は近年、イノシシやシカなどによる農作物の食害が広がっており、松山市が行う「鳥獣に強い集落づくり支援モデル事業」を活用した鳥獣害対策に乗り出す。農作物の出荷量の減少や生産者の栽培意欲の低下を防ぐため、集落が主体となり鳥獣から農作物を守る。

同事業では、農家や猟友会、地域住民が松山市と愛媛大学の助言や支援を受けながら、防護柵を設置するなど、効果的な対策を行う。今年度はカメラを設置して、鳥獣の生息状況を調査し、集落の現状にあった対策を話し合う。協議した対策は翌年度以降に実施する。

5月14日には、地元農家など20人が被害状況をもとに鳥獣の足跡などを確認しながら、圃場などに11台のセンサーカメラを設置した。地元農家は「農作物が荒らされるのは悲しい。正しい対策をしたい」と話した。

被害状況を確認しながらカメラを設置する愛媛大学の武山教授(手前)

このページの先頭へ