2021年9月17日金曜日

【久万高原トマト】 週1巡回指導へ

 トマト担い手の育成強化


久万高原町とJA松山市などでつくる久万農業公社は、町の特産品である夏秋トマトの担い手の育成に力を入れている。毎年2~3人が就農。メインで現地指導を行う当JAは、これまで月に2回程度ほ場を巡回していたが、今年から週1回に増やし指導を強化する。スムーズに就農できるようサポートし、西日本有数の産地を守っていく。


町は農家の高齢化や担い手不足を解消しようと、1998年に久万農業公園研修センターを開設。トマトなどの施設園芸品目を中心に、2年間の研修を行う。
現地指導は当JAが主体。育苗時から指導を始め、ほ場を巡回して、作業の進行具合や生育状況などを確認する。
来年、就農予定の研修生は「ほ場で生育を見てもらい、助言してくれるので助かる。何でも聞けるので安心して栽培できる」と話す。
研修生は就農と同時に当JAの○久久万高原トマト部会に所属する。JAは研修生のこれまでの栽培実績を把握しているため、就農後も的確な助言がしやすい。


これまで県内外から研修生を受け入れ、就農した生産者は、現部会員78人のおよそ3分の1を占めるほどになった。当JAは「就農後も安心して栽培に打ち込めるよう、研修時からサポートしていく。地域を引っ張る担い手を育成し産地の活性化に尽力する」と話す。

 

研修生(右)のほ場で生育状況を確認し、
管理方法などを指導する営農指導員

2021年9月15日水曜日

【久万高原ピーマン】 肉厚で出来良し

 高原ピーマン11月中旬まで出荷


県内最大のピーマン産地であるJA松山市管内の久万高原町で8月上旬、ピーマンの出荷最盛期を迎えた。2L・Lサイズを中心に、肉厚なピーマンに仕上がっている。11月中旬にかけて、四国や阪神、奈良方面に530㌧(前年比5㌫増)を出荷する予定だ。


生産者が出荷したピーマンは、当JA久万野菜選果場の作業員やカメラ付重量選別機によって、2等級5階級に仕分け、品質を統一している。
6㌃でピーマンを栽培する同町二名の岩口敏弘さん(67)は「丸焼きにしてみそをつけて食べるとおいしい」と話した。

 

ピーマンの収穫に汗を流す岩口さん


2021年9月13日月曜日

【営農】 持続可能な農業の実現へ

 営農振興5ヶ年計画を策定


JA松山市は今年度、2025年度にかけて取り組む「中期営農振興5ヶ年計画書」を策定した。重点目標や推進品目、地域別の栽培振興方針を作成し、同計画書を営農・経済改革プランと位置づける。持続可能な農業の実現に向け、正組合員世帯に配布し、共に営農振興に尽力していく。


5年後には、農業経営体は27増の360に、作付面積はおよそ2㌶増の1,501㌶に、販売金額は3,900万円増のおよそ24億円を目指す。阿部和孝組合長は「地域の農畜産物の持続的な生産と消費の拡大を図るため、『できることは何でもやろう』の覚悟で臨んでいく」と話す。

 

営農の5年後の指針として、基本方針・重点目標を定めました


このページの先頭へ